印鑑で確認する

イメージ画像

私は昨年から看護師として病院で働いています。
現在、世間では医療ミスやインシデントなど、患者さんに対する医療の質が問われる中で、医師だけでなく看護師も自分が患者さんに対して行ったケアや処置の責任というものが重くのしかかっています。
私自身も看護師なってから、自分が行ったことについての責任の所在を残すということを日頃から行ってきました。具体的な例として、患者さんの内服薬の確認です。
入院中に、自分では薬の管理が出来ない患者さんがいた場合、看護師が薬を準備し、それを飲んでもらうところまで確認することになっています。

【実印では独身女性の方は、名のみで彫刻されるかたも多いのです】
実印は、法律上社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字を【フルネーム】彫刻します。

このとき、薬を準備した人と薬を飲んだことを確認する人がそれぞれ自分の印鑑をチェックリストに押すことになっています。薬を準備する人は準備した薬が間違っていないか、飲んだことを確認する人は薬の飲み忘れや薬の間違い、患者さんそのものの間違いがないかのチェックを行い、確認をきちんと行った証として自分の印鑑をチェックリストに押します。

このように、私の職場では印鑑を責任の所在を表す手段として使用しています。
これに加え、学生のときあまり印鑑を使う機会がなかったこともあり私自身、印鑑を使うことに強い責任を感じています。

今後も、看護師として患者さんの生活や命を預かっているということに意識を強く持ち、自分の印鑑を使うことで、よりいっそう患者さんへの自分の行動一つひとつに責任をもって職務を全うしていきたいです。

このページの先頭へ